地震保険について

  1. HOME
  2. 地震保険について

地震などを原因とする火災(2次災害)による損害は対象外!
地震保険への加入はされていますか?

地震保険は、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による建物の損害を補償します。

火災保険では、地震などを原因とする火災(いわゆる2次災害)による損害は補償されません。また、火災が地震などによって延焼・拡大した損害も火災保険では補償されません。(地震火災費用保険金はお支払いの対象となる場合があります。)

このような損害を補償するためには、地震保険が必要です。地震保険は火災保険とあわせて加入します。地震保険は火災保険の満期時に限らず、中途加入できます。

損害の程度 損害の程度の認定基準 支払われる
保険金の額
建物 家財
全損
  • 主要構造部の損害の額が建物時価額の50%以上
  • 焼失・流失した部分の床面積が建物の延床面積の70%以上
家財の損害の額の時価額の80%以上 地震保険全額の100%
(時価額が限度)
大半損
  • 主要構造部の損害の額が建物時価額の40%以上50%未満
  • 焼失・流失した部分の床面積が建物の延床面積の50%以上70%未満
家財の損害の額の時価額の60%以上80%未満 地震保険全額の60%
(時価額の60%が限度)
小半損
  • 主要構造部の損害の額が建物時価額の20%以上40%未満
  • 焼失・流失した部分の床面積が建物の延床面積の20%以上50%未満
家財の損害の額の時価額の30%以上60%未満 地震保険全額の30%
(時価額の30%が限度)
一部損※1
  • 主要構造部の損害の額が建物時価額の3%以上20%未満
  • 全損・大半損・小半損に至らない場合で、床上浸水または地盤面から45cmを超える浸水※2
家財の損害の額の時価額の10%以上30%未満 地震保険全額の5%
(時価額の5%が限度)

※1 損害の程度が一部損に至らない場合は、保険金は支払われません。
※2 主要構造部に損害が生じていなくても、この場合には水漏れによる汚損や汚物の流入等の損害が生じているため、一部損とみなして補償します。

損害保険料率算出機構ホームページより抜粋(2018年2月現在)